SO・DA・NE!

 同じ世代の人であれば、タイトルが何を言わんとしているかは何となく察してもらえるだろうか?

 90年代に一大ブームとなった、EAST END×YUKIの「DA・YO・NE」という曲タイトルを真似てみました。

 現代っ子にはそんなダサい歌あるわけないと思われるかもしれないが、当時はラップがまだ日本でメジャーなジャンルとして確立されていなかったから、タイトルのダサさを新鮮さが上回って「カッコいい」になっていたのだと思う。

 しかもここで終わらず、便乗して「SO・YA・NA」とか「DA・GA・NE」なんてローカル版も出る始末。ちなみに「SO・TA・I」という博多弁バージョンは今の「博多花丸大吉」の花丸がSOUTH ENDとして歌っていたらしい。

 これだけの一大ムーブメントを巻き起こした歌で紅白にも出たくらいだったのに、流行語大賞にはならなかった。ということは、今回のカーリング女子の「そだねー」も、なんだかんだ言って流行語大賞にはならないのではないかと思う(ちょっと時期が早いのもあるしね)。

 でもまぁカーリングというスポーツで初のメダルを獲得したという、偉業を成し遂げたわけだし、あげても誰も文句は言わないのかなと思う。おそらくあの場面で喋ったからこそ、ここまで取り上げられるようになったのだろうから。

 ただもし流行語大賞を獲得した場合は、また別の問題が浮上してくるのではないかと懸念される。

 それは、上京している北海道の人が「そだねー」と言った場合、流行語大賞に便乗したミーハーなやつというレッテルを貼られてしまう可能性があるということだ。

 なので、そういった懸念点も踏まえると、「そだねー」は流行語大賞にならない方が北海道の為にもいいことなのかもしれない。(ちなみに私自身は北海道民ではないです。じゃあなんでこんなことを心配しているか?(笑))

 いずれにせよ、LS北見のみなさん、おめでとう!そしてお疲れさまでした。

 感動をありがとう!!